しょうじ

通算18年税務の実務を経験した業界経験者の視点から、個人事業主・小さな会社のための税理士紹介サイトの選び方について解説します。

税務調査、個人はいくらから対象か?1,000万円が基準といわれる理由

税務調査って、個人の場合いくらかから対象になるのか?気になるところですよね。 結論から言うと、明確な基準があるわけではないです。ただ一般的には、 が基準と考えられます。 理由は、副業の場合20万円を超 ...

税務調査に強い税理士の探し方・選び方

税務調査官側についているような頼りない姿勢の税理士だったらガッカリですよね 腹立たしいことに、この場合でも税務調査での追徴税額は、納税者であるあなたが負担すべきものとなります。 とはいえ、税務調査に強 ...

せどりやアフィリエイトの無申告がバレるまでの経緯3パターンを事例付きで解説

せどりやアフィリエイトの確定申告の無申告、「そんなにバレるわけないし、もしバレても、バレてから申告すればいいでしょ」と思っていませんか? じつは、無申告はすぐにバレるし、無申告が判明しても、「申告して ...

税務署に目をつけられる個人の特徴5選〔国税庁の報道発表〕で判明

Contents 税務署に目をつけられる個人の特徴5選富裕層海外投資を行っている個人インターネット取引を行っている個人無申告者消費税の輸出物品販売場制度の悪用をする個人税務署に目をつけられる個人事業4 ...

事実と違った決算処理をされた上に放置された事例

会計ソフトの会社、ミロク情報サービスのアンケートによる解約に至った税理士の不満ランキングでは、「ミス」の不満が13.3%で第3位でした。 対応・連絡の遅さで実務上よくトラブルになるのは以下が多いです。 ...

確定申告遅延の危険性から考える税理士のレスポンスの重要性

会計ソフトの会社、ミロク情報サービスのアンケートによる解約に至った税理士の不満ランキングでは、「対応・連絡の遅さ」の不満が13.3%で第3位でした。 対応・連絡の遅さで実務上よくトラブルになるのは以下 ...

税務調査で重加算税、反論もしない税理士に不満

会計ソフトの会社、ミロク情報サービスのアンケートによる解約に至った税理士の不満ランキングでは、「税務署・トラブル対応」の不満が15.6%で第2位でした。 、税務署対応で実務上よくトラブルになるのは以下 ...

税理士のアドバイス不足が税務リスクを招く!失敗事例を徹底解説

会計ソフトの会社、ミロク情報サービスのアンケートによる解約に至った税理士の不満ランキングでは、「アドバイスに関して」の不満が13.3%で第3位でした。 「アドバイスに関して」の不満は有用なアドバイスが ...

no image

ベンチャーライフの評判、なぜインボイス導入後の今がおすすめなのか?

といった疑問について、業界で18年従事した会計事務所スタッフの私が、今の業界の実情も交えて解説します。 この記事では以下の内容について解説しています。 今、ベンチャーライフに申しこむかどうか迷っている ...

確定申告の税理士費用の相場と抑える方法

確定申告を税理士に依頼するとき、気になるのが税理士費用ですよね。 税理士費用は相場を知らないと、 といった不利益を被ることになります。 とはいえ、税理士費用の相場なんて調べようもないし、仮に調べられて ...