税理士変更

税理士変更の断り方、鉄板のフレーズを実際の事例で紹介

税理士を断りたいけど、

  • 言い方がわからない
  • 面倒くさい

などで、ついつい後回しになっていませんか?

断るのを後回しにしていると、ストレスを溜めたままのつきあいがズルズル長引いてしまったり、タイミングを逃してしまって、いい税理士に出会う機会すら失います。

とはいえ、税理士の断り方なんて知らないし、言いづらいし、どのタイミングで言うべきかもわからないですよね。

じつは、税理士の断り方には業界の鉄板の文言が存在します。

私の実務経験上も数多く見聞きしてきましたし、実際当事者として断られた経験もあります。

この業界の鉄板の断り方とタイミングを知れば、スムーズに税理士変更が可能です。

この記事では、

この記事の内容

  • 業界の鉄板の断り方
  • 断るタイミング
  • 税理士からの抵抗があるときの対処法

など、税理士の断り方で注意すべき点を実務経験をもとに解説しました。

税務の実務に通算18年従事した私の体験などをもとに業界経験者視点でわかりやすく解説しました。

税理士変更で、これから、税理士に断りを申し出るけど、なんて断ればいいのかわからないという方には必見の内容です。ぜひ最後までご一読ください。

結論から言うと、税理士の断り方の鉄板の文言は

結論

友人が税理士として独立して、以前から顧問税理士にする約束をしていた。

というのがおすすめです。

税理士の断り方

概ね業界的には、

  1. 友人が税理士として独立して、以前から顧問税理士にする約束をしていた。
  2. 甥や姪が税理士になり顧問税理士にするよう頼まれた。
  3. 取引先との提携で、取引先指定の税理士との契約を求められた。

という3つが鉄板の理由です。

このうち、甥や姪というのは年齢的に無理な場合もあるし、取引先との提携というのも、変に食い下がられると困ることもあります。

その点、友人が税理士として独立したので、以前から顧問税理士にする約束をしていた。

と言えば、あなたと友人との個別の約束で誰にも非がなく、また、友人という大事な付き合いの中での心情的な理由なので、外部からどうこう言う筋合いがないので、付け入るスキを与えません。

私の経験上、言われた側も薄々気づいていてもダメージはないです。

事実を言っちゃダメなのか?

税理士に不満があったり、ストレスに感じることが多くて解約したいと思うなかで、税理士に非があってこちらは何も悪くないという場合もあります。

その際、事実を言ってはダメなのか?と思うかもしれませんが、税理士も人間なので、仮に自分に非があることは認めていても、責められると感情的になったり意地になることもあります。

税理士を断るのは、税理士契約を解約することが目的であって、正当性を主張することが目的ではないので、穏便にすませることをおすすめします。

断るタイミング

断るタイミングは決算日前後3ヶ月を避けて何かのついでに直接会って断るのがポイントです。

なぜ、決算日後3ヶ月以降でできるだけ早い方がいいか?というと、

まず法人だと、決算日後2ヶ月以内に税務申告があります。個人事業であれば、決算日後およそ3ヶ月(確定申告期限:翌年の3月15日)で確定申告があります。

この決算前後で税理士変更すると

  • 決算が遅れる
  • 税務申告書の提出、税金の納付が遅れる
  • ペナルティが課される

ことにつながります。

そのため、決算日後3ヶ月は経過する方が無難です。

3月決算法人で例えると、決算月は3月で、税務申告は5月末日が期限になるので、4月~5月の間に行います。そのため、3・4・5月は避けて、6月以降で、もっとも早い時期がベストです。

嘘がバレない?

「友人が税理士として独立する」というのは嘘の理由ですが、バレるのでは?と思いますよね。バレてもいいのですがちょっとバツが悪いですよね。

正直言うとバレます。ただし、うまくやり過ごすことはできます。

その方法は、

先に次の税理士を決めておくことです。

次の税理士が決まっていれば、仮に、断った時に「どんな人か?」と世間話の上で聞かれても、実在する人物を答えればよいのでイメージしやすいですよね。

税理士側の心境(事例)

税理士を断る場合、友人が税理士になるのでという理由で断られたとき相手の税理士はどう思うのか?

ちょっと気になりますよね。

じつは、「友人が税理士として独立したのでお断りしたい」と言われたのは、私の経験上の実話なんです。

率直な感想を言うと、嘘であることはわかりながらも、納得せざるを得ず、ぎくしゃくすることもなく、事務的に手続きが進んだというのが結果です。

どのような経緯で進んでいったのか?ここからはその体験談をお話します。

契約解除の経緯

税理士事務所勤務時代、私が担当していた飲食店を経営するA社がありました。このA社は、事務所のクライアントであるI社の紹介で、顧問契約をした会社でした。

問題になったのは、顧問料のことでした。

A社は自社で記帳しており、I社は記帳代行として私の勤務する事務所側で記帳を行っていました。

当然記帳代行をする方が顧問料は高いはずですが、I社は代表税理士の友人だったこともあり、顧問料はA社とI社では若干I社の方が安かったんです。

断られる経緯は、事細かに知ることはできませんでしたが、恐らくこの顧問料のことで不信感があったのは容易に想像できました。

もし、顧問料を理由に解約の申し入れがあれば、私はその旨代表税理士に伝え、おそらく値下げとなったと考えられます。でもA社がそれをしなかったのは、仮に納得いく顧問料に値下げされても、顧問料に差が生じていた不信感は払しょくされず契約解除になっていたと予想できます。

断りの理由

この件での断るときの理由が「社長の友人が税理士として独立した」というものでした。以前にそんな話が出たことはなかったので「断りのための理由」ではないか?とも思いましたが、次の税理士がもう決まっていることは伺い知れたので、あながち嘘とも言えないなという印象でした。

なぜ、次の税理士がいることを伺い知れたのか?というと、書類の要求があったからです。過去、税務署に提出した申告書ではなく、届出書類の控えのコピーが欲しいという要望がありました。一般的に税理士以外の人が「申告書ではなく届出書」を要求することはないので、これはほんとうに税理士からの依頼であると判断できます。

先に税理士を見つけるときの注意点

前述したとおり、税理士を先に見つけておくと、「断り方」での信ぴょう性が増すというメリットがあります。さらにそれ以外にもメリットがあります。

先に税理士を見つけるメリット

先に税理士を見つけておくことで、以下のメリットがあります。

  • 決算、税務申告が遅れる心配がない
  • 税務調査の立ち会いの心配がない

決算、税務申告が遅れる心配がない

税理士を断った後に税理士を探す場合、次の税理士がすんなり決まらなければ、決算に影響します。決算時期までに決まっていないと、決算が遅れ、税務申告が遅れるので納付税額がある場合、加算税や延滞税などの余計な出費もでてきます。

税務調査の立ち会いの心配がない

税理士変更で、税理士の空白期間があると心配なのが税務調査です。税務調査のときに税理士の立ち会いがないと不安なものです。先に税理士を見つけておけば、この空白期間がなくて安心です。

契約が重複しないために

現在の税理士を断るより先に税理士を見つけると、契約が重複するのでは?と心配になりますよね。

そこは、もちろん、新しい方の税理士には契約は待ってもらいます。現在の税理士との契約解除後に契約することは当然理解してもらえますし、その後契約することを伝えていれば大丈夫です。

先に税理士を見つける方法

先に税理士を見つけておくといっても、そう簡単に見つからないし、探すのは面倒ですよね?

そんな時は税理士紹介サイトを利用するのが便利です

税理士紹介サイトとは、利用者と税理士をマッチングさせてくれるサービスで、利用者は無料で利用できます。

こちらのTweetにもあるように、大手の税理士紹介サイトでは登録税理士も多いので、すんなり見つけることが可能です。

ちなみに上記の口コミは税理士紹介サイトの大手税理士ドットコムについての口コミです。税理士ドットコムについてはこちらの記事でくわしく解説しています。
税理士ドットコムの評判をSNSの口コミを元に業界経験者が徹底解説

税理士紹介サイトだと、自分でインターネット検索で探すよりはるかに楽なのは想像できますよね。

でも、じつは、他にもメリットがあります。

税理士紹介サイトのメリット

税理士紹介サイトの具体的なメリットを挙げると以下のものがあります。

税理士紹介サイトのメリット

  • 希望に合う税理士を探して紹介してくれるので楽
  • 会ってみて相性が合わない時は代わりに断ってくれるのでストレスがない
  • 面談の日程調整なども代行してくれるので楽

もちろん税理士紹介サイトにもデメリットはあります。

税理士紹介サイトのデメリット

税理士紹介サイトのデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

税理士紹介サイトのデメリット

  • 税理士紹介サイトに登録している税理士しか紹介はできない
  • 税理士紹介サイトによって、税理士の数・質が左右される

税理士変更の流れについてはこちらの記事でくわしく解説しています。
税理士変更の流れ、失敗しないための切り替えタイミングや断り方を徹底解説

税理士からの抵抗がある場合

税理士に断りを入れても、まれに税理士が応じてくれない場合もあります。税理士側にとっても顧客を失うのは損失ですから必死にもなります。

とはいえ、サービスを受ける側は、対価を支払って受けるわけで、選択の自由ももちろんあります。

とりあえず、穏便に交渉したうえでうまくいかなければ、一旦は税理士会に相談してみるのも一つの方法です。

税理士は税理士会に登録することで税理士業務が可能になります。そのため、必ず地域の税理士会に所属しています。

日本税理士会連合会公式ホームページ

まとめ

税理士の断り方の鉄板の文言は

ポイント

友人が税理士として独立して、以前から顧問税理士にする約束をしていた。

というのがおすすめです。

断るタイミングは決算日前後3ヶ月を避けて何かのついでに直接会って断るのがポイントです。

また、税理士を断る際には、先に次の税理士を決めておくことをおすすめします。

税理士変更の流れについてはこちらの記事でくわしく解説しています。合わせてご覧ください。
税理士変更の流れ、失敗しないための切り替えタイミングや断り方を徹底解説

-税理士変更